• 勤怠管理のツールとして活用されている、タイムカード

    職場での勤怠管理のためのツールとして、幅広く活用されているのがタイムカードです。
    出勤時と退社時、また途中退出の場合などに、タイムカードに時刻を打刻したり、直接時間を書き込むことで、勤怠管理が可能になります。

    タイムカードの評判が高いです。

    こうした勤怠管理の方法は、特に時間情報を手書きする場合は、導入のための費用が安価で済みます。

    そのためさまざまな職場で幅広く導入されています。

    YOMIURI ONLINE情報に対応した情報サイトです。

    多くの職場では、タイムカードに出勤時と退社時に時間情報を打刻したり、記載することが求められています。

    オフィスでの業務の場合は別として、外出の多い営業職などの場合には、会社へ出勤せずに直接得意先に出かけた場合や、外出先からそのまま帰宅することも多いのが現実です。



    こうした場合には、リアルタイムに時間情報を記載することはできませんが、後で遅滞なく時間情報を追記する必要があります。またタイムカードに記載された情報は、勤怠管理のための大切な情報となります。


    そのため他人のカードを代理で打刻するようなことは、たとえ頼まれたとしても、引き受けるべきことではありません。

    タイムカードはそれぞれの社員が自分で出社時間や退社時間などを記録する方法です。簡単な方法で時間情報を記録でき、また比較的安価な費用で行える勤怠管理の方法として、すでに多くの職場で使われています。時間情報を記載する方法も、機械を使うものから手書きの場合まで、その運用方法はさまざまです。
    今後もこうした勤怠管理の方法は、多くの職場で活用されていくことでしょう。