• いろいろな機能を持ったタイムレコーダー

    タイムレコーダーとは、会社の入り口などに設置し、紙製のタイムカードを挿入することで、その人が出勤した日付、出勤時刻、退勤時刻を記録する機械です。


    たいていの場合、紙製のタイムカード1枚で社員1人の1ヶ月分の出勤・退勤時刻などを記録することができます。

    様々な種類のタイムレコーダーに関する情報をご覧ください。

    紙製のタイムカードを使用するタイムレコーダーは、比較的安価に購入できることや、誰でも簡単に印字を確認できることなどから、多くの小規模企業では引き続き使用されていますが、最近では、パソコンと連携する高機能型タイムレコーダーや勤怠管理システムの利用も広がっており、紙製のタイムカードではなく、ICカードや指紋、スマホなどで勤怠管理が可能なものも登場しています。

    従来のタイムレコーダーで勤怠管理を行う場合、毎月締め日になると、給与や庶務の担当者が社員のタイムカードをパソコンなどで集計しますが、集計作業は手作業で時間がかかるほか、人間のやることですので入力ミスが発生することもあります。


    考えたくはありませんが、社員の不正打刻などのリスクもありえます。

    このサイトでgoo ニュースに関する情報をまとめました。

    最近では、従来の単機能型タイムレコーダーに加え、パソコンと連携して複雑な自動集計にも対応する高機能型なものや、シンプルなものから非常に複雑な集計ルールに対応したものまで様々な種類のあるクラウド勤怠管理システムなど、多くの選択肢があります。あなたの会社がまだ紙製のタイムカードを使っているのであれば、勤怠管理の手法について検討してみても良いかもしれません。